動画で会社をPRしよう~PRムービーでムーブメントを起こせ!~

車に画期的な技術革命

1日数万台のトラックが荷物を運んでいます。大きな運送会社で数百台、中小の運送会社でも数十台が運行し、それらを運送会社の事務所は管理しています。 少し前までは、アナログ式と言われるタコグラフで速度と時間のみ車輌で記録し、ドライバーが場所や距離などを運転日報に記録していました。それを事務所でデジタル化し車両管理するという大変な作業でした。 しかし、テレマティクスを搭載したデジタルタコグラフの普及で、車両管理が正確で簡単にできるよになりました。 テレマティクスとは、移動通信サービスのことで普通車のカーナビなどに搭載され車両情報をセンターに送信したり、データを受信したりするシステムのことです。 このシステムをデジタコに搭載する事でリアルタイムに車両位置がわかり配車がスムーズになるメリットもあります。

テレマティクスを利用した高性能なデジタルタコグラフの普及で、運行管理や車両管理が画期的に進歩しました。 デジタルタコグラフの導入には、1車両で10万円前後の初期費用がかかります。さらに、月々の利用料も基本料にオプションで千円から3千円必要となりますが、それらのかかる費用より得られるメリットは大きいです。 標準的なモデルでも、時間や距離はもちろん作業場所の住所の記録や、給油量を記録し燃費計算をしたりアイドリング時間の計測をしたりと、経費節減や車両管理にかかる時間の短縮になっています。 また、各都道府県のトラック協会も、トラックなどの車両にデジタルタコグラフを搭載するよう推進していて、平均で1台3万円前後の補助金を助成しています。 これにより、今では運送会社の車両のほとんどにデジタルタコグラフが搭載されています。