動画で会社をPRしよう~PRムービーでムーブメントを起こせ!~

色々使えるM2M構築

M2Mの仕組みを構築するためには、機器から収集するセンサーデータの情報と、収集した情報をインターネットに接続する無線ネットワーク網の構築と、収集した情報を分析する大量のデータ分析基盤が必要となります。それぞれのソリューションについては様々な企業が提供しているため、それぞれのソリューションをうまく組み合わせてM2Mの仕組みを構築する必要があります。M2Mの仕組みを構築するためには、データの量などの規模によって変わってきますが、数千万円から数億の投資が必要になります。機器などへの投資と構築サービスへの投資が必要です。また初期の費用だけではなく、保守や運用にかかる費用についても考慮することが大切です。

これまで、M2Mを用いた仕組みは様々な業界で活用されてきました。例えばインフラの業界では、設備ににセンサーを埋め込むことにより設備の故障予兆をする仕組みで利用されています。設備の故障を予兆することにより、事故を未然に防ぐことができるようになります。また自動車業界では、自動車にセンサーをつけることで位置情報を取得し、渋滞の解消に役立てられています。また運転の状況に関する情報を取得し、自動車保険のサービスの内容にも反映するという活用のされ方もあります。家電と接続することによって、遠隔地から家電を操作できるような仕組みにおいても活用が進んでいます。家電との組み合わせにより省エネへの対応が可能となっています。